2019.10.27

茅ヶ崎市美術館作品解説と松籟庵お茶席体験10月23日開催終了しました

天候にも恵まれ芸術の秋を感じる企画として茅ヶ崎まで出掛けました。
まずは松籟庵の庭園を施設の職員から説明を聞きながら散策をしました。自分だけで巡るのとは異なり庭園の歴史や石燈篭の鑑賞ポイント、植物の説明などを聞きながら歩くと違った景色に感じられたようです。日々の様子や季節ごとの移ろいを見つめている職員の言葉には説得力があり、皆、話しに惹きこまれていました。
その後、松籟庵の書院に入り2班に分かれてお茶室でお手前をいただきました。にじり口から四畳半の茶室に入っての空間は慌しい現実から隔離され静謐となる時間でした。また、外待合、蹲踞などの利用もご協力いただいた土曜会のみなさんにご指南いただき貴重な経験となりました。

食事は美術館カフェにて卓を囲み和気藹々とおしゃれなランチに話しに花が咲き、その後、美術館へ。
今回は企画展江戸の遊び絵づくしを担当学芸員の鈴木様に解説いただきながら鑑賞しました。ユーモアを交えた約50分に及ぶ解説でみなさん大満足の時間となった様子です。

初めて松籟庵、茅ヶ崎美術館に来たという方はもちろん、これまで来たことがあるという方にとってもディープな体験となったようです。
地域的なつながりの深い茅ヶ崎市にある歴史を背景とした文化施設巡り、町民センターとしても新企画でしたが、今後も近隣地域の魅力を掘り下げていけるような企画を組んでいきたいと思います。

2019.10.25

歴史講座ヒト モノ コト10月20日開催終了しました

6月の元寇に引き続き、多賀先生に鎌倉時代ヒトモノ コトと題
して講演をしていただきました。
今回は鎌倉時代の武家や一般庶民の生活全般の話で、食、男女関係、生活、
交通、死生観についてお話をいただきました。食では通常、1日2回で山海
の幸を食していたほか、蝉汁といった変わった料理も食していたそうです。
お菓子も臨済宗の栄西が茶を紹介してから武士階級や都市部の庶民にも広
がっていきました。男女関係も財産の保有や離別も自由であり、所謂、男尊
女卑の考えは江戸期の儒教の広まりに伴うもので、この時代は男女同権で
あったということには参加者の皆さんも驚いていました。生活実態も草戸
千軒遺跡の発掘品を示され、当時の様子を詳しく説明いただきました。
この時代、朝鮮半島では物々交換の時代にわが国は既に貨幣経済が確立
していたようです。死生観も骸より魂の救済に重きをおいており、各地に
供養塔が建立されました。

2019.09.26

文化講演会増える異常気象と防災の心得9月22日開催終了しました

今回はテレビ朝日の人気お天気キャスターの依田司さんに増える異常気象と防災の心得と題して講演していただきました。数日前からの不安定な空
模様で観衆の皆さんが足を運ぶかどうかが大いに気になりましたが、コアな
依田さんのファンもいてまずまずの入りとなりました。直近の30年間の年
平均気温は右肩上がりに上昇しており、真夏日の日数も増加傾向にあります。
こうした地球温暖化の影響は、北極の氷や氷河を溶かすとともに海面の上昇
につながり、地球規模で悪影響をおこしています。こうした温暖化に対応す
るには、温室ガス減らすことに加え、温暖化への適応策を講じることも必要
とのことです。防災への意識を高めることは適応策のひとつであり、避難情
報に従い、自分の身は自分で守る覚悟で対応することが重要であると学びま
した。