メインコンテンツにスキップ

お知らせ

2022.11.30

歴史講座長篠と桶狭間 信長の軌跡と真相 11月26日開催終了しました

織田信長の逸話のなかでも多く登場するのが桶狭間と長篠、このたびの講座は、この二つの戦さにおいてこれまで伝えられてきた今川義元の人物像、火縄銃三段撃ちなどの史実をくつがえしていくものでした。その根拠となるものも単なる憶測ではなく、往時の天候、地形・地勢の調査や講座講師の多賀歴史研究所代表 多賀譲治先生の趣味としての射撃の実体験に基づき立証していくもので、奇想天外といわれた信長の言動も実は綿密な情報収集と冷静的確な状況判断があってこそなど、講師の巧みな語り口とともに参加者も引き込まれていきました。

参加者からは、本物の火縄銃写真上をみてすごく衝撃的だった、戦死した主君の首を家臣が主君の名誉を守るため切り落として持ち帰ったシーンに驚愕した、三段撃ちがなかったことの立証は聞いていてワクワクした、などのコメントが多く寄せられました。

 

 

 

 

ページの先頭へ