メインコンテンツにスキップ

お知らせ

2019.12.10【12月7日】東洋大学出張講座 ペリー来航と幕末情報社会~予告情報と「金海奇観」、その時、寒川は・・終了しました。

ペリー来航情報は、1年前からオランダ商館長より「オランダ
風説書」という形で幕閣に知らされていました。しかしながら、
老中首座、阿部正弘は開明派の外様大名(島津、黒田、鍋島)
や幕府内上層部の一部の人間しか知らせず、知らされた幕府内
の役人は幕政に参加できないはずの黒田長溥の侮蔑的な建白書
に怒り、有効的な手立てを立てられず、無為に過ごしました。
1853年、初めてペリーが来ましたがこれは主に恫喝を目的とした
ものであり、その半年後の1854年、ペリーは9隻の黒船を率いて
日米和親条約の締結を目的に再来航しました。今回の講義では
この時の来航や幕府の応接の様子を絵巻きに描いた仙台藩の儒者、
大槻磐渓が仙台藩主伊達慶邦に説明するために作成した「金海奇
観」をベースに話をすすめていただきました。
黒船、乗組員、応接所、他が克明に描かれており、この絵図に
描かれた拳銃を参考に水戸藩で模造銃が作られ、これが水戸浪士
が井伊直弼を襲撃した桜田門外の変で使用されたとの話に参加者
の皆さんは驚かれていました。教科書では習わない幕末の大きな
歴史転換点に皆さん、興味深く聴いておられました。

ページの先頭へ