メインコンテンツにスキップ

お知らせ

2019.12.26【12月19日(木)】江戸歩き案内人黒田先生と行く江戸城ツアー

小雨が降ったり、止んだりの生憎の天気の中、作家で江戸歩き
案内人の黒田先生と大手門前で合流しました。大手三の門内の
警護をした武士が詰めていた百人番所を左に見て、中之門、中
雀門を過ぎ、本丸御殿跡に着きました。ここには将軍との謁見
や各種儀礼が行われた白書院、黒書院の他、諸大名の詰め所で
ある控えの間があり、また、忠臣蔵で有名な浅野内匠頭が吉良
上野介を切りつけた松の廊下跡も見学しました。
その後、江戸城天守閣が明暦の大火で焼失後、天守の代用と
された3層の富士見櫓を見学し、天守台跡に向かいました。
未だ大嘗宮の解体工事で立ち入り禁止区域となっている所もあり、
一旦、百人番所まで戻り、白鳥堀添いを散策しながら石垣を見て
回りました。石垣の組み方も時代により変遷があり、野面積み、
打ち込みハギ、切り込みハギに区分されることを学びました。
最後は二の丸庭園に向かい、カエデの紅葉、銀杏の黄葉が残る中
を皆さん楽しまれました。ただ見るだけでなく、専門家から解説
を受けるツアーの為、普段、気づかないところを気付かせてくれる
有意義なものになりました。

ページの先頭へ