メインコンテンツにスキップ

お知らせ

2021.06.15【6月13日(日)大奥御台所篤姫と和宮~江戸無血開城に果たした役割とその後の生涯~】・・終了しました。

今回は皆さんご存知の13代将軍家定の御台所篤姫と14代家茂の
正室、和宮の歴史的役割と彼女たちの生涯について東洋大学教授、
岩下先生に解説していただきました。
篤姫は島津家一門から島津斉彬の養女として、愚昧?な第13代
将軍家定の3番目の正室として迎えられました。
篤姫は、世上で言われているように一橋慶喜を擁立するために
斉彬により将軍家に送り込まれたというより、島津家出身の11代
家斉の正室(広大院)が良妻賢母として立派であった為、将軍家輿
入れの島津家の姫として白羽の矢が立ったようです。
一方、14代家茂の正室、和宮は公武合体の強い政治潮流の中で
許嫁の有栖川宮との縁を切らされ、また、幕府への降嫁の条件が
十分満たされない中、いやいやながら徳川家に入輿しました。
武家育ちの篤姫と御所育ちの和宮は当初は、対立していましたが、
新政府軍の幕府討伐、徳川家の家名断絶の危機に瀕するとそれぞれ
の伝手で新政府軍に攻撃中止の嘆願書を書いたものの、手紙の意図
するところは新政府軍には理解されず、山岡鉄舟の駿府談判で幕府
の意向がやっと理解され、江戸無血開城に繋がっていきました。
公武合体や大政奉還といった大きな政治潮流の波に揉まれながら、
明治維新後も徳川家の女として逞しく生きた二人の生き様が良く
理解できました。

ページの先頭へ