神奈川県高座郡寒川町の町民センター・分室と北部公民館・南部公民館のお知らせページです。

北部公民館からのお知らせ 講座レポート

  • HOME
  • 北部公民館からのお知らせ-講座レポート-

講座レポート

2018.12.10【メンズクッキング教室】 11/25 開催

【メンズクッキング教室】 11/25 開催

今回は①簡単パエリア②キャベツとベーコンのスープ③マヨごまサラダ④グレープババロアとかなりハードルが高いものでしたが講師により準備を十分していただいたおかげで大変美味しく、簡単に作れて大好評でした。 
えびの下ごしらえなど他の料理にも応用テクニックや、計量スプーンの使い方など基礎も講習に含まれ大変役に立つ講座でした。参加者同士も和気あいあいで複数回の開催依頼がありました。  
(参加者 8名)

2018.12.10【サークル入会体験フェスタ】 11月中 開催

参加サークル 27人、参加者総数 14人、入会者 4人でした。
各サークルの皆さん、ありがとうございました。

2018.12.10【クリスマスピアノコンサート】 12/2 開催

【クリスマスピアノコンサート】 12/2 開催

例年100人程度の来場者があり、今年も108人にご来場がありました。生涯学習推進員の皆さん13人が各係を担当いただき盛大なコンサートを無事実施することが出来ました。毎年のことですがアンケートの感想では演奏の評価も非常に高く、またスピーチもすばらしいなど非常に好評でした。
(参加者 108名)

2018.12.10【公民館アニメ作り講座】11/24 開催

【公民館アニメ作り講座】11/24 開催

2人チームではアイデアを出し合い協力し合って、また一人では自由に、まず始めに1画面1画面を丁寧にカメラで撮って映像を作り、それを見ながら音入れと楽しそうにそれぞれのアニメを完成させました。
講座の最後に親子で一緒に作ったアニメの上映会を実施、大人も子どもも和気あいあいと子ども自身が制作監督としての説明やら抱負が話し合われました。
(参加者 5名)

2018.12.10【陶芸教室】11/24 開催

【陶芸教室】11/24 開催

参加8人に対して、講師1名、ボランティア講師補助も5名参加いただいたのでお皿、マグカップ、大型の鉢まで参加者は丁寧な指導のもとに各自色々な物を完成させました。中には習得が早く2種類以上作り上げる人も数名いてこれから窯入れ焼き上がりが楽しみです。
(参加 8名)

2018.11.26【あみぐるみ干支作り講習会】11/12 開催

【あみぐるみ干支作り講習会】11/12 開催

生涯学習推進員を中心に始めた自由参加のお茶会「ほっこりかふぇ」がきっかけで、「あみぐるみ」は初め有志の講習から始まり、今回は生涯学習推進員の事業として推進員会議の承認を得て干支の飾りを作る講習会が実施されました。 募集10人に対して応募12人(実際はそれ以上)で大変人気があり、当日は皆さん9:30からと朝早くから昼食をはさみ午後遅い時間まで熱心に作業を進め、各自大変かわいい人形が出来ました。
(参加12名)

2018.11.26【子ども料理教室】11/18 開催

【子ども料理教室】11/18 開催

今回は、コロッケを作ると言うことで油を使う為、注意が必要でしたが、心配無用!これまで以上に難しい作業を自分自身で作業が出来たことを子ども達は喜んでいました。またパンも推進員の皆さんに材料費を無償で協力いただき、初めてのパン作りを体験できてまた大喜び、その場で焼き上げ、改めて焼きたてのパンを、最後にみんなで味わいました。
(参加者 7名)

2018.11.26【文学散歩】 11/13 11/14 開催

【文学散歩】 11/13 11/14 開催

1日目は童謡で有名な北原白秋を座学で勉強し、2日目は白秋が住んでいた小田原地区を中心に約4Kmの散策となりました。多少坂がコースに含まれていましたが好天にも恵まれ全員元気に歩くことが出来ました。
小田原駅に近いにもかかわらずカラタチの木やみかんを見ながら文学碑だけでなく自然とを満喫し、また講師の多岐に渡る知識とユーモアを交えた語りで、大変有意義な時間を過ごせました。
(参加者 延べ17名)

2018.11.06【スポーツ吹き矢体験会】 10/6 開催

【スポーツ吹き矢体験会】 10/6 開催

昨年に続き2回目の開催で昨年より参加が少ない状況でしたが参加された方は又やってみたいなど前向きの意見が多数よせられた。また昨年の講習をきっかけにサークルが出来たため講師の補助ボランティアに9名が参加いただき会としては大人数で和やかに進めることが出来た。
(参加者 12名)

2018.11.06【裂き織り講座初級】10/22 10/23 開催

【裂き織り講座初級】10/22 10/23 開催

農村を中心に古くから残る「裂き織り」は、いま再評価を得て多くの女性に親しまれている。簡便な織り機の開発、「糸」や「用途」多様化、講座等の充実などが進み、今回も早くから定員を上回る応募者があった。易しくなったとはいえ、タテ/ヨコの糸のセットや、テンションのかけ方、繋ぎ目の処理、模様の作り方などは「慣れ」が必要で、講座スタート時は、講師の説明を全員が理解するために時間を要した。しかし講師の丁寧で穏やかな指導は多くの参加者の心を掴んだようで、その人柄の評価と共に次回開催の希望が多く出た。参加者の満足度が高く、各自の技術の向上を望む声が多かった。
(参加者 15名)