神奈川県高座郡寒川町の町民センター・分室と北部公民館・南部公民館のお知らせページです。

寒川町民センター・分室からのお知らせ 講座レポート

  • HOME
  • 寒川町民センター・分室からのお知らせ-講座レポート-

講座レポート

2019.10.27【10月23日(水)茅ヶ崎市美術館作品解説と松籟庵お茶席体験】終了しました

【10月23日(水)茅ヶ崎市美術館作品解説と松籟庵お茶席体験】終了しました

天候にも恵まれ芸術の秋を感じる企画として茅ヶ崎まで出掛けました。
まずは松籟庵の庭園を施設の職員から説明を聞きながら散策をしました。自分だけで巡るのとは異なり庭園の歴史や石燈篭の鑑賞ポイント、植物の説明などを聞きながら歩くと違った景色に感じられたようです。日々の様子や季節ごとの移ろいを見つめている職員の言葉には説得力があり、皆、話しに惹きこまれていました。
その後、松籟庵の書院に入り2班に分かれてお茶室でお手前をいただきました。にじり口から四畳半の茶室に入っての空間は慌しい現実から隔離され静謐となる時間でした。また、外待合、蹲踞などの利用もご協力いただいた土曜会のみなさんにご指南いただき貴重な経験となりました。

食事は美術館カフェにて卓を囲み和気藹々とおしゃれなランチに話しに花が咲き、その後、美術館へ。
今回は企画展「江戸の遊び絵づくし」を担当学芸員の鈴木様に解説いただきながら鑑賞しました。ユーモアを交えた約50分に及ぶ解説でみなさん大満足の時間となった様子です。

初めて松籟庵、茅ヶ崎美術館に来たという方はもちろん、これまで来たことがあるという方にとってもディープな体験となったようです。
地域的なつながりの深い茅ヶ崎市にある歴史を背景とした文化施設巡り、町民センターとしても新企画でしたが、今後も近隣地域の魅力を掘り下げていけるような企画を組んでいきたいと思います。

2019.10.25【10月20日(日)歴史講座・ヒト・モノ・コト】・・・終了しました。

【10月20日(日)歴史講座・ヒト・モノ・コト】・・・終了しました。

6月の元寇に引き続き、多賀先生に「鎌倉時代・ヒト・モノ・コト」と題
して講演をしていただきました。
今回は鎌倉時代の武家や一般庶民の生活全般の話で、食、男女関係、生活、
交通、死生観についてお話をいただきました。食では通常、1日2回で山海
の幸を食していたほか、蝉汁といった変わった料理も食していたそうです。
お菓子も臨済宗の栄西が茶を紹介してから武士階級や都市部の庶民にも広
がっていきました。男女関係も財産の保有や離別も自由であり、所謂、男尊
女卑の考えは江戸期の儒教の広まりに伴うもので、この時代は男女同権で
あったということには参加者の皆さんも驚いていました。生活実態も草戸
千軒遺跡の発掘品を示され、当時の様子を詳しく説明いただきました。
この時代、朝鮮半島では物々交換の時代にわが国は既に貨幣経済が確立
していたようです。死生観も骸より魂の救済に重きをおいており、各地に
供養塔が建立されました。

2019.09.26【9月22日(日)文化講演会~増える異常気象と防災の心得~】・・・終了しました。

【9月22日(日)文化講演会~増える異常気象と防災の心得~】・・・終了しました。

今回はテレビ朝日の人気お天気キャスターの依田司さんに「増える異常気象
と防災の心得」と題して講演していただきました。数日前からの不安定な空
模様で観衆の皆さんが足を運ぶかどうかが大いに気になりましたが、コアな
依田さんのファンもいてまずまずの入りとなりました。直近の30年間の年
平均気温は右肩上がりに上昇しており、真夏日の日数も増加傾向にあります。
こうした地球温暖化の影響は、北極の氷や氷河を溶かすとともに海面の上昇
につながり、地球規模で悪影響をおこしています。こうした温暖化に対応す
るには、温室ガス減らすことに加え、温暖化への適応策を講じることも必要
とのことです。防災への意識を高めることは適応策のひとつであり、避難情
報に従い、自分の身は自分で守る覚悟で対応することが重要であると学びま
した。

2019.09.14【9月8日(日)オペラぺらぺらコンサート~恋の歌列伝~】終了しました

【9月8日(日)オペラぺらぺらコンサート~恋の歌列伝~】終了しました

当日は台風が発生しいつ雨が降り出すかという中、開場を待つ長蛇の列に皆様が公演を楽しみにされていたことを改めて感じました。

公演は2部構成で、前半はオペラにおける「声の役割」、次に「立ち位置から分かる人間関係」として「①愛し合っている立ち位置」「②喧嘩をしている立ち位置」「③心の声を伝える立ち位置」などの解説をユーモアを交えた実演で大いに盛り上がりました。
後半はドニゼッティ「愛の妙薬」からのハイライト場面を前半で説明されたオペラのルールを踏まえじっくりと鑑賞頂きました。

全体を通じて、コーディネーターによる小気味よい進行とともに、それぞれの歌い手の観客を引きつける歌唱力と工夫された演出が会場の一体感を生み、大きな拍手や笑い声に満ちた公演となりました。

改めまして来場頂きました皆様、お越し頂きありがとうございました。
引き続き皆様が楽しめ、新たな体験や喜びにつながる事業を企画していきたいと思いますので、ご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

〈当日のプログラム〉
前半の部
 ・ヴェルディ「椿姫」より “乾杯の歌”
 ・ヘンデル「リナルド」より “私を泣かせてください”
 ・ヴェルディ「リゴレット」より “女心の歌”
 ・ビゼー「カルメン」より “闘牛士の歌”
 ・モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」より “手に手を取って”
 ・ヴェルディ「椿姫」より2幕フィナーレの3重唱

後半の部
 ・ドニゼッティ「愛の妙薬」よりハイライト
   前奏曲
   “先生!”
   “ラララ”
   “なんですって?”
   フィナーレ

〈出演〉
天羽 明惠(ソプラノ)
上原 正敏(テノール)
三戸 大久(バス・バリトン)
古藤田 みゆき(ピアノ)
朝岡 聡(フリーアナウンサー&コンサート・ソムリエ)

2019.08.12【8月8日~8月9日 小学生英会話(小学3年生から4年生)】・・・終了しました。

【8月8日~8月9日 小学生英会話(小学3年生から4年生)】・・・終了しました。

今年から町民センターの小学生英会話は3年生から4年生
を対象にしています。1日目はHopscotch(けんけんぱ)、
玉入れ、Fruit Basketといった運動を通して数字、肉、
果物、野菜の英語名を学びました。2日目はこうした材料
をお店で購入するときのやりとりを学び、最終的には購入
した材料で参加者一人ひとりが工夫して紙のピザ作りに
挑戦しました。単に机に座って英語名を学ぶだけでなく、
運動や体験を通した授業のため、生徒はいろいろなことに
積極的に取り組んでいました。講座終了後のアンケート
でも生徒皆さんから「楽しかった」との回答を頂きました。

2019.07.25【7月23日】人生の「目的」と「生きがい」を考える・・・終了しました

【7月23日】人生の「目的」と「生きがい」を考える・・・終了しました

町民センターでは初めての講座でしたが、シニア世代の関心
は高く、申込みは定員40名を越す人気講座となりました。
生命そのものは自己複製や物質交代をしながら生き続けており、
遺伝子レベルでは生きること自体が目的となること、また、生
きる原動力は「欲求」であり、この欲求に基づく「目標」の達成
により「生きがい」を感じることが出来ることを学びました。
シニアには健康、お金、孤独といった新たな制約も発生するため
それぞれに相応しい目標を見つけることも大事なことと教わり
ました。講師の原田啓二さんは話のところどころに笑いも差し
挟み、充実した中味の濃い講座となりました。

2019.06.19【6月15日(土)元寇の真相~神風は吹かなかった?~】・・終了しました。

【6月15日(土)元寇の真相~神風は吹かなかった?~】・・終了しました。

朝から強い雨模様の天気でしたが、ほぼ募集人員に近い参加者を
確保することができました。従来、神風(台風)のお陰で蒙古軍
を撃退できたと学校で習ってきました。しかしながら、初回の文永
の役は蒙古軍の目的が偵察、威圧を目的としていたことや本格的な
侵攻である2回目の弘安の役では、蒙古軍の東路軍と江南軍の連携
がうまくいかず、東路軍が海上で長期間待ち、疫病や執拗な御家人
たちの攻撃に疲弊したのも、台風以外での日本軍が勝利した一因との
事です。
 従来の神風(台風)のみで壊滅したという定説は遺物、遺跡を
調査する歴史考古学の手法で今迄の概念を覆りつつあるということ
が分かりました。この他、一遍聖絵を通してこの当時の庶民生活の
一編を知ることができました。
 次回は10月20日(日)AM10時~AM11時40分に多賀
先生に「鎌倉時代・ヒト・モノ・コト」と題して講演していただき
ます。

2019.04.26【4月24日開催 はじめてのチョークアート教室】終了しました

【4月24日開催 はじめてのチョークアート教室】終了しました

初心者の方にも描きやすい卓上サイズの作品を完成させることを目標に、10名の方にご参加頂きました。
参加者それぞれ、先生から描く手順や気をつける点などを聞きながら熱心に取り組まれ、無事に作品を完成させることが出来ました。
少人数クラスで先生の丁寧な指導が人気の当講座です。
少しでも興味を感じている方がいましたら、次回、是非ご参加下さい。

2019.04.18【ふれあいコンサート】・・・4月16日終了しました。

【ふれあいコンサート】・・・4月16日終了しました。

例年、3月に開催される「ふれあいコンサート」ですが、今年はホールの
天井工事で1ヶ月遅れの開催となりました。幼児から高齢者までを対象に
観衆の皆さんと生のピアノ演奏やソプラノ歌手の歌を聴いたり、みんなで
一緒に歌を歌う楽しいコンサートです。
羽賀ゆかりさんの見事なピアノ演奏テクニックに加え、曲の合間のトークや
クイズなどで観衆の皆さんを飽きさせない工夫とソプラノ歌手の柴山晴美
さんの透き通った歌声に皆さんから高い評価を頂きました。

プロのお二人のピアノ独奏、ソプラノ独唱のあとは観衆の皆さんと一緒に
「春の小川」、「ふるさと」を歌い、無事、コンサートは終了しました。

2019.04.06【めだかの飼育講座】・・・4月6日終了しました。

【めだかの飼育講座】・・・4月6日終了しました。

今年、初めての開催となる『めだかの飼育講座』は、参加者が何人
集まるのかと当初、心配しましたが、募集開始から僅か2日で定員
に達する人気講座となりました。募集締切り後も問合せが何件か
あり、めだか飼育に対する根強い関心があることに今更ながら驚
かされました。
講師の宮下洋さんからめだかの生態や餌やり、水替え、などの飼育
の基礎を学びました。めだかが保護色の機能を持つことを黒いバケ
ツやアルミのボールへ移し変える実験で確認し、素早い色変わりに
は参加者の皆さんも驚いていました。
講義の後は、参加者の皆さんにめだか10匹入りのペットボトル
を渡し、終了しました。