神奈川県高座郡寒川町の町民センター・分室と北部公民館・南部公民館のお知らせページです。

寒川町民センター・分室からのお知らせ 講座レポート

  • HOME
  • 寒川町民センター・分室からのお知らせ-講座レポート-

講座レポート

2020.01.28【1月25日(土)マイクロプラスチック汚染~相模湾の現状から考える~】終了しました

【1月25日(土)マイクロプラスチック汚染~相模湾の現状から考える~】終了しました

神奈川県環境科学センターの坂本部長様をお招きし、日ごろより取り組まれているマイクロプラスチック汚染についての調査・研究成果を伺い私たちにできる環境への取り組みを考える機会となりました。

講義はまず相模湾の現状を理解する前段階としてMP(マイクロプラスチック)の定義や、世界的な汚染調査研究の足取りなど基礎的な内容を伺い、その後、県内の調査研究についてお話をしていただきました。お話に合わせて、実際に採取したマイクロプラスチックのサンプルを回覧するなどで参加者がより理解しやすいよう工夫いただきました。
県内では相模湾内の4カ所(逗子海岸、鵠沼海岸、高浜台海岸、山王網一色海岸)と久里浜海岸をMP採取場所として漂着状況を比較すると漂着物にばらつきがみられるということで、そこから採取したMPは海流によって運ばれてきたのではなく川を伝って内陸から流れ出ている可能性が高いという結果が導かれたとのことでした。そうしたことから寒川町は海岸に接していないものの相模川流域に位置することもあり、生活の中で使用しているプラスチック類が海洋汚染となっている可能性が高いという説明でした。

こうした海洋汚染対策に関しては、残念ながら絶対的な方法がある訳ではなく削減対策をそれぞれが地道に積み重ねていくしかないということで、難しく厳しい現実を突きつけられた気がしました。しかし決定的かつ簡単な解決策が無いからこそ、個々人が積極的に環境問題に取り組み、実践していく必要があるということを深く理解することが出来たように感じました。

講座を通して終始、受講されたみなさんがわが身のこととして熱心に話しを聞かれている姿が印象的でした。

2019.12.26【12月19日(木)】江戸歩き案内人黒田先生と行く江戸城ツアー

【12月19日(木)】江戸歩き案内人黒田先生と行く江戸城ツアー

小雨が降ったり、止んだりの生憎の天気の中、作家で江戸歩き
案内人の黒田先生と大手門前で合流しました。大手三の門内の
警護をした武士が詰めていた百人番所を左に見て、中之門、中
雀門を過ぎ、本丸御殿跡に着きました。ここには将軍との謁見
や各種儀礼が行われた白書院、黒書院の他、諸大名の詰め所で
ある控えの間があり、また、忠臣蔵で有名な浅野内匠頭が吉良
上野介を切りつけた松の廊下跡も見学しました。
その後、江戸城天守閣が明暦の大火で焼失後、天守の代用と
された3層の富士見櫓を見学し、天守台跡に向かいました。
未だ大嘗宮の解体工事で立ち入り禁止区域となっている所もあり、
一旦、百人番所まで戻り、白鳥堀添いを散策しながら石垣を見て
回りました。石垣の組み方も時代により変遷があり、野面積み、
打ち込みハギ、切り込みハギに区分されることを学びました。
最後は二の丸庭園に向かい、カエデの紅葉、銀杏の黄葉が残る中
を皆さん楽しまれました。ただ見るだけでなく、専門家から解説
を受けるツアーの為、普段、気づかないところを気付かせてくれる
有意義なものになりました。

2019.12.22【12月14日(土)だがしや楽校】終了しました

【12月14日(土)だがしや楽校】終了しました

今回は出店数が12と、これまでで最も多い出し物が揃い、来館された方も様々な体験と交流を楽しんでいました。今回初めて出店された方、過去にも出店されたことのある方、それぞれが個性豊かな内容で2時間があっという間に過ぎていきました。
ものづくり、ゲーム遊び、演奏体験と大人から子どもまで楽しめる内容です。来年の開催も予定していますので、次回もぜひ多くの方のご参加をお待ちしています!!

2019.12.10【12月7日】東洋大学出張講座 ペリー来航と幕末情報社会~予告情報と「金海奇観」、その時、寒川は・・終了しました。

【12月7日】東洋大学出張講座 ペリー来航と幕末情報社会~予告情報と「金海奇観」、その時、寒川は・・終了しました。

ペリー来航情報は、1年前からオランダ商館長より「オランダ
風説書」という形で幕閣に知らされていました。しかしながら、
老中首座、阿部正弘は開明派の外様大名(島津、黒田、鍋島)
や幕府内上層部の一部の人間しか知らせず、知らされた幕府内
の役人は幕政に参加できないはずの黒田長溥の侮蔑的な建白書
に怒り、有効的な手立てを立てられず、無為に過ごしました。
1853年、初めてペリーが来ましたがこれは主に恫喝を目的とした
ものであり、その半年後の1854年、ペリーは9隻の黒船を率いて
日米和親条約の締結を目的に再来航しました。今回の講義では
この時の来航や幕府の応接の様子を絵巻きに描いた仙台藩の儒者、
大槻磐渓が仙台藩主伊達慶邦に説明するために作成した「金海奇
観」をベースに話をすすめていただきました。
黒船、乗組員、応接所、他が克明に描かれており、この絵図に
描かれた拳銃を参考に水戸藩で模造銃が作られ、これが水戸浪士
が井伊直弼を襲撃した桜田門外の変で使用されたとの話に参加者
の皆さんは驚かれていました。教科書では習わない幕末の大きな
歴史転換点に皆さん、興味深く聴いておられました。

2019.12.02【11月28日(木)江戸城と町づくり講座】・・・終了しました。

【11月28日(木)江戸城と町づくり講座】・・・終了しました。

作家で江戸歩き案内人の黒田涼さんをお招きし、江戸城と町づくりに
ついて講演していただきました。
家康は関東入府後、諸大名にお手伝普請として江戸に大規模な城郭建設
を築くように命じました。内堀、外堀、内郭の3重構造であり、天守閣
も内郭の中ほどに築城しましたが、戦国の気風も無くなった家光の時代
には今の東御苑の北方に築城しました。しかしながら、天守閣は明暦の
大火で消失後には再建されず、本丸等の整備に力を入れました。また、
堀開削で出た大量の土砂は、湿地の埋め立てに利用し、ここに世界有数
の大江戸の町が出来上がりました。城の周りの丸の内、日比谷、赤坂と
いった地区には諸大名の江戸屋敷を配置したため、明治維新の際には
これらの屋敷地は国有地、軍用地、皇室用地として容易に接収でき、また、
堀や運河は鉄道建設や後の高速道路等に活用でき、低廉で効率的なイン
フラ整備を行うことができました。参加者の皆さんは東京の発展の基礎
がこうした江戸の町づくりに起因することを理解しました。
12月19日には同じく黒田涼さんをガイドとして本丸、二の丸、三の丸
のあった皇居東御苑を散策し、皆さんと一緒に江戸の名残りを探訪します。

2019.11.25【11月14日(木)・25日(月) ママとベビーのふれあい体操 】終了しました

【11月14日(木)・25日(月)  ママとベビーのふれあい体操 】終了しました

お子さんと一緒に体を動かせるということで好評の「ママとベビーのふれあい体操」。2日間開催し両日とも皆さん楽しく体操に取り組まれました。
ご自宅に戻られても出来る運動なので、ここで体験した内容を引き続き時間を見つけて行なっていただければと思います。
健康づくりと合わせてママさん同士でお話しが出来たり、有意義な時間を過ごしていただけた様子でした。

2019.11.21【11月20日 大雄山最乗寺と県立秦野戸川公園の紅葉巡り・・・終了しました。(町民センター生涯学習推進員事業】

【11月20日 大雄山最乗寺と県立秦野戸川公園の紅葉巡り・・・終了しました。(町民センター生涯学習推進員事業】

秋空の下、27人乗りの中型バスで大雄山最乗寺と県立秦野戸川公園
の紅葉巡りを実施しました。紅葉は昨今の温暖化のためか見ごろには
少し早かったようですが、一部では真っ赤に色づいた楓もあり、参加
者は充分楽しまれました。高齢の参加者の方も多く、最乗寺では急な
坂道や石段が多く、不慮の事故が心配されましたが、皆さん元気に散策
に勤しんでおられました。また、境内での昼食もいくつかのグループに
分かれ、持参のお弁当を楽しまれていました。
県立秦野戸川公園では、多くの参加者がこの公園のランドマークと
なっている風の吊り橋をバックに向こう岸の紅葉を眺めたり、吊り
橋を渡って楽しまれました。また、最乗寺から秦野戸川公園に向か
う途中に立ち寄った中澤酒造の試飲、買い物は参加者にはサプライズ
となり、このツアーのアクセントにもなりました。

2019.10.27【10月23日(水)茅ヶ崎市美術館作品解説と松籟庵お茶席体験】終了しました

【10月23日(水)茅ヶ崎市美術館作品解説と松籟庵お茶席体験】終了しました

天候にも恵まれ芸術の秋を感じる企画として茅ヶ崎まで出掛けました。
まずは松籟庵の庭園を施設の職員から説明を聞きながら散策をしました。自分だけで巡るのとは異なり庭園の歴史や石燈篭の鑑賞ポイント、植物の説明などを聞きながら歩くと違った景色に感じられたようです。日々の様子や季節ごとの移ろいを見つめている職員の言葉には説得力があり、皆、話しに惹きこまれていました。
その後、松籟庵の書院に入り2班に分かれてお茶室でお手前をいただきました。にじり口から四畳半の茶室に入っての空間は慌しい現実から隔離され静謐となる時間でした。また、外待合、蹲踞などの利用もご協力いただいた土曜会のみなさんにご指南いただき貴重な経験となりました。

食事は美術館カフェにて卓を囲み和気藹々とおしゃれなランチに話しに花が咲き、その後、美術館へ。
今回は企画展「江戸の遊び絵づくし」を担当学芸員の鈴木様に解説いただきながら鑑賞しました。ユーモアを交えた約50分に及ぶ解説でみなさん大満足の時間となった様子です。

初めて松籟庵、茅ヶ崎美術館に来たという方はもちろん、これまで来たことがあるという方にとってもディープな体験となったようです。
地域的なつながりの深い茅ヶ崎市にある歴史を背景とした文化施設巡り、町民センターとしても新企画でしたが、今後も近隣地域の魅力を掘り下げていけるような企画を組んでいきたいと思います。

2019.10.25【10月20日(日)歴史講座・ヒト・モノ・コト】・・・終了しました。

【10月20日(日)歴史講座・ヒト・モノ・コト】・・・終了しました。

6月の元寇に引き続き、多賀先生に「鎌倉時代・ヒト・モノ・コト」と題
して講演をしていただきました。
今回は鎌倉時代の武家や一般庶民の生活全般の話で、食、男女関係、生活、
交通、死生観についてお話をいただきました。食では通常、1日2回で山海
の幸を食していたほか、蝉汁といった変わった料理も食していたそうです。
お菓子も臨済宗の栄西が茶を紹介してから武士階級や都市部の庶民にも広
がっていきました。男女関係も財産の保有や離別も自由であり、所謂、男尊
女卑の考えは江戸期の儒教の広まりに伴うもので、この時代は男女同権で
あったということには参加者の皆さんも驚いていました。生活実態も草戸
千軒遺跡の発掘品を示され、当時の様子を詳しく説明いただきました。
この時代、朝鮮半島では物々交換の時代にわが国は既に貨幣経済が確立
していたようです。死生観も骸より魂の救済に重きをおいており、各地に
供養塔が建立されました。

2019.09.26【9月22日(日)文化講演会~増える異常気象と防災の心得~】・・・終了しました。

【9月22日(日)文化講演会~増える異常気象と防災の心得~】・・・終了しました。

今回はテレビ朝日の人気お天気キャスターの依田司さんに「増える異常気象
と防災の心得」と題して講演していただきました。数日前からの不安定な空
模様で観衆の皆さんが足を運ぶかどうかが大いに気になりましたが、コアな
依田さんのファンもいてまずまずの入りとなりました。直近の30年間の年
平均気温は右肩上がりに上昇しており、真夏日の日数も増加傾向にあります。
こうした地球温暖化の影響は、北極の氷や氷河を溶かすとともに海面の上昇
につながり、地球規模で悪影響をおこしています。こうした温暖化に対応す
るには、温室ガス減らすことに加え、温暖化への適応策を講じることも必要
とのことです。防災への意識を高めることは適応策のひとつであり、避難情
報に従い、自分の身は自分で守る覚悟で対応することが重要であると学びま
した。